TOPICS

子どもの歯はどうしてむし歯になりやすいの?

歯のコラム

皆さんこんにちは。

加藤歯科です。

 

小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、子どもはむし歯になりやすい、と感じたことはありませんか?

 

昨今、むし歯の発症率は全体的に低下していますが、やはり、大人と比べると子どもはむし歯になる確率が際立って高くなっています。

 

それは乳歯が永久歯とは異なる特徴を持っているからです。

 

そこで今回は、乳歯がむし歯になりやすい理由と、むし歯を予防するための方法をかんたんにご紹介します。

 

乳歯と永久歯は何が違う?

乳歯と永久歯の決定的な違いは2つあります。

 

◎乳歯はやわらかい(=石灰化が十分ではない)

 

乳歯も一見すると、しっかりとしたエナメル質に覆われているように見えますが、電子顕微鏡レベルで見ると、無数の穴が開いています。

 

これは永久歯ほど石灰化が進んでいないからです。穴があるということは、外からの刺激が受けやすく、酸に対する抵抗力も低くなっています。

 

これだけでも、乳歯が永久歯よりもむし歯になりやすいことに納得できることかと思います。

 

◎乳歯のエナメル質・象牙質は永久歯の半分しかない

 

乳歯は外側をエナメル質、内側を象牙質によって構成されており、中心部には歯の神経が収まっている歯髄腔(しずいくう)というスペースが存在しています。

 

これは永久歯と全く同じ構造です。

 

けれども、乳歯のエナメル質と象牙質は永久歯の半分の厚みしかないので、むし歯になるとあっという間に進行します。

 

そのため、乳歯のむし歯は早期発見・早期治療が極めて重要となるのです。

子どもの定期検診は大人以上に大切?

乳歯はむし歯になりやすく、その進行も早いことから、定期検診の重要性が大人よりも高くなっています。

 

例えば、年に1回の学校歯科検診だけに頼っていると、むし歯を早期に発見するのは難しくなります。

 

そもそも学校歯科検診はあくまでスクリーニング検査なので、そこまで期待できるものではありませんので、できる限り歯科での定期検診を受けさせてあげましょう。

 

そうすることで、お子さまのお口の健康・発育を守りやすくなります。

 

まとめ

このように、子どもの歯は未成熟であることから、むし歯にかかりやすくなっています。

 

お子さまの歯をむし歯菌から守るためには、その点も理解した上で、適切な予防ケアを行うことが大切です。

Pagetop
診療・アクセス
診療・アクセス
診療時間 日/祝
9:00〜12:00 / /
14:00〜19:00 / /
休診日:木曜・日曜・祝日
▲:14:00~18:00
*祝日がある週の木曜は診療いたします
TELWEB予約