コラム|名古屋市南区鶴見通で歯科をお探しの方は加藤歯科まで

診療時間
9:00~12:00
14:00~19:00

休診日:木曜・日曜・祝日
▲:14:00~18:00
祝日がある週の木曜は診療いたします

〒457-0807
愛知県名古屋市南区
鶴見通2-2

052-611-0095
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

歯磨きすると血が出るのは歯周病?

皆さんこんにちは。

加藤歯科です。

 

歯磨きをした後に、「歯茎から血が出た経験」をお持ちの方は意外に多いのではないでしょうか。

 

お口というデリケートな部分から出血しているので、「何か怖い病気にでもかかったのでは?」と驚かれたことでしょう。

 

あるいは、吐血や喀血を連想したかもしれませんね。

 

そこで今回は、ブラッシング後に歯ぐきから出血した際、疑われる病気についてわかりやすく解説します

 

まずは歯周病を疑う

ブラッシング後に歯ぐきから出血が認められる場合、ほとんどのケースで「歯周病」が原因となっています。

 

歯周病になると、歯ぐきに炎症が起こり、ちょっとした刺激でも出血するようになるのです。

 

歯ぐきの腫れ、という症状も同時に起こっていることかと思いますので、鏡でチェックしてみましょう。

 

歯周病治療」を受けることで、歯ぐきから出血も改善されていきます。

 

外傷による出血

歯ぐきからの出血は、「外傷」によっても生じることがあります。

 

転倒して顔面を殴打した場合に限らず、硬くて尖ったものを食べたり、「入れ歯や矯正装置」の一部が歯ぐきに傷を作っていたりすることもあります。

 

いずれにせよ、傷に対する処置などが必要となりますので、早急に当院までお越しください。

 

白血病などの全身疾患

白血病など、一部の全身疾患では「易出血性」を示すことがあります。

 

健康な人よりも出血しやすい状態ですね。そうした全身の病気が原因で、歯ぐきから出血する場合は、根本となっている持病を治さなければ症状も改善されません。

 

必要に応じて「内科の先生と連携」しながら、しっかりと治療を進めていきましょう。

 

まとめ

このように、歯磨きすると歯ぐきから血が出るのは、ほとんどのケースで歯周病が原因です。

 

歯周病そのものを治さなければ、歯茎からの出血も解消されません。

 

出血を恐れてブラッシングを怠ると、症状のさらなる悪化を招いてしまいますので、早急に歯科を受診することをおすすめします。

 

歯周病治療には、それほど強い痛みや不快感を伴いませんので、安心して当院までお越しください。

 

患者さまのペースに合わせて、やさしく治療いたします。