コラム|名古屋市南区鶴見通で歯科をお探しの方は加藤歯科まで

診療時間
9:00~12:00
14:00~19:00

休診日:木曜・日曜・祝日
▲:14:00~18:00
祝日がある週の木曜は診療いたします

〒457-0807
愛知県名古屋市南区
鶴見通2-2

052-611-0095
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

子どものむし歯は予防した方が良い理由

皆さんこんにちは。

加藤歯科です。

 

当院では、子どもの「むし歯はできる限り予防」した方が良いと強くおすすめしております。

 

なぜなら、子どものむし歯にはたくさんのデメリットがあるからです。

 

逆にいうと、子どものむし歯を予防することで、実にたくさんのメリットが得られます。

 

今回はそんな「子どものむし歯を予防すべき理由」について、わかりやすく解説します。

 

歯医者さん嫌いの原因になる?

むし歯治療というのは、大人になってからでも嫌なものですよね。

 

医療技術の進歩で、むし歯治療に伴う痛みや不快感は大きく軽減されましたが、やはり、「歯を削られる」のは気持ちの良いことではありません。

 

それを小児期に受けるとなると、間違いなく「歯医者さん嫌いの原因」となってしまいます。

 

大人の歯もむし歯になる

子どもの歯の虫歯は、重症化すると大人の歯まで感染が広がります。

 

場合によっては「エナメル質の石灰化不全」といった発育異常を引き起こすこともあります。

 

永久歯は一生涯使い続ける歯なのに、「生えてすぐむし歯になってしまう」のはあまりにも残念ですよね。

 

歯並びが悪くなる

むし歯が進行すると、最終的には歯が抜け落ちます。

 

そうして生じたスペースは、他の歯によって閉ざされていくのが私たちのお口の特徴です。

 

その結果、後から生えてくる「永久歯のスペースが不足」して、歯並びを乱すこととなります。

 

また、顎の発育を妨げることにもつながるため、十分に注意しなければなりません。

 

実際、「乳歯の早期脱落」が歯並びの異常の原因となっているケースは少なくないのです。

 

乳歯の進行は早い

乳歯は、永久歯よりも重症化しやすいです。これは乳歯の「むし歯の進行が早い」からです。

 

乳歯は、「歯質が未成熟」であるだけではなく、エナメル質や象牙質の厚みが永久歯の半分しかありません。

 

それだけに、あっという間に重症化してしまうのです。

 

まとめ

このように、子どものむし歯は予防するに越したことはありません。

 

当院の小児歯科まで定期的にご来院いただければ、お子さまのむし歯予防をサポートいたしますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。