コラム|名古屋市南区鶴見通で歯科をお探しの方は加藤歯科まで

診療時間
9:00~12:00
14:00~19:00

休診日:木曜・日曜・祝日
▲:14:00~18:00
祝日がある週の木曜は診療いたします

〒457-0807
愛知県名古屋市南区
鶴見通2-2

052-611-0095
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

インプラントはメンテナンスが重要な理由

皆さんこんにちは。

加藤歯科です。

 

インプラントは、「見た目が美しく、噛み心地も天然歯に近い」素晴らしい治療法です。

 

装置としての寿命も入れ歯より断然長くなっています。

 

ただ、治療後のメンテナンスを怠ると、さまざまなトラブルが生じるため要注意です。

 

そこで今回は、インプラント治療において「メンテナンスが重要な理由」をわかりやすく解説します。

 

インプラントはあくまで人工物

インプラントは、「生体親和性の高いチタン」で作られた人工歯根です。

 

人工歯にあたる上部構造もアレルギーのリスクがほとんどないセラミックが使われています。

 

そういう意味で、その他の装置と比べると、安全性が極めて高いのですが、あくまで人工物であるということを忘れないでください。

 

天然歯と比べると「汚れがたまりやすい」ので、定期的なプロフェッショナルケアが必須となっています。

 

歯周病にかかりやすい

インプラントのトラブルとして、最も注意しなければならないのは「歯周病」です。

 

厳密には「インプラント周囲炎」と呼ばれる病気で、歯ぐきや歯槽骨が破壊されるのが特徴です。

 

インプラントを支えているのはそれら歯周組織なので、インプラントを長持ちさせる上では「絶対に予防」しなければならない病気ともいえます。

 

ちなみに今現在、インプラント周囲炎の根本的な治療法は確立されておらず、進行したら人工歯根を取り外さざるを得なくなります。

 

保証が受けられなくなる

一般的なインプラント治療には、5年や10年といった「保証期間」が設けられています。

 

その期間内であれば、不具合が生じても無償で修理等を受けることができます。

 

ただし、一定の条件を満たしていない場合は、全額自己負担となってしまうため注意が必要です。

 

その条件の中には、必ず「定期的なメンテナンスの受診」も含まれています。

 

まとめ

このように、インプラントを長く使い続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

適切なセルフケアとプロケアを継続すれば、数十年と使い続けることも可能ですので、施術後はしっかりメンテナンスを受けていきましょう。